直線上に配置

月経困難症

Matsuo OB&GYN Clinic

アイコン 月経困難症とは
   生理痛がひどく日常生活に支障がでるほど症状の重いものを月経困難症といいます。月経がはじまる前の精神的、身体的な不快症状を月経前症候群(月経前緊張症、PMS)といいます。
 生理痛や月経前の不快症状の程度は個人差はありますが、ほとんどの女性にあらわれます。しかし寝込んでしまうとか生理に恐怖感を覚えるほどの症状があるようであれば検査と治療が必要と考えます。

アイコン 診断について
  器質性月経困難症
 子宮自体に何らかの病気があり、それが原因となり月経痛がおこっているものを器質性月経困難症といいます。主な病気には子宮筋腫と最近増えてきている子宮内膜症があります。子宮筋腫は30代以降に多いのにくらべ、子宮内膜症は20代から、まれには10代でも見られます。

 診断には問診、内診、超音波検査、MRIなどの検査をします。子宮内膜症の確定診断は腹腔鏡検査によりますが、侵襲性があること、実施施設が限られること、費用や入院が必要であることなどからなかなか診断だけのためには実施されていないのが実情です。
 子宮内膜症の人はCA-125といわれる腫瘍マーカーが高値のことがあります。しかし正常値のこともあります。チョコレート嚢腫といわれる子宮内膜症性卵巣嚢腫を合併しているときには高値となる傾向があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
機能性月経困難症

 子宮にはこれといった明らかな異常を認めないけれど、月経痛が重いものを機能性月経困難症といいます。子宮口が狭小であったり、子宮発育不全が原因であるかもしれませんが病的といえるほどの異常が認められません。思春期から20代前半までの人に多くみられます。加齢による性成熟や出産により症状が軽くなる人が多いようです。

アイコン 治療について
  @鎮痛剤
 各種鎮痛剤、鎮痙剤、漢方薬、精神安定剤が使われます。
クスリを服用することが体に悪いとか、くせになると言って服用せずに我慢されている人がめずらしくありません。自分にあったクスリを正しく服用すれば心配ありません。我慢をすることは無意味であり、痛みから解放されることが有益です。
 痛みをとる治療は生活の質を高めるうえで重要な治療といえます。しかし子宮内膜症など器質性月経困難症では鎮痛剤のみでは病気の進行を防ぐことはできません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Aピル(低用量ピル、中用量ピル)
 生理不順の人では、生理痛が重い周期と軽い周期があります。生理痛は排卵周期では重く、無排卵周期では軽くなります。無排卵周期では子宮内膜の増殖が軽く出血量が減るためと思われます。ピルを服用すると排卵がおきません。そのため子宮内膜の増殖が抑えられて出血量も減り生理痛がなくなったり軽くなります。その効果は中用量ピルよりも低用量ピルのほうがあります。
 低用量ピルであるルナベルが子宮内膜症に対して保険適応となり平成20年7月8日より発売となりました。
黄体ホルモン製剤であるディナゲスト錠も発売(平成20年1月)されました。服用中、生理はきません。
 ヤーズが平成22年11月発売となりました。月経困難症に対して保険適応があります。男性ホリモン作用がなくニキビにも効能があります。ルナベルと料金は同じで、再診では一ヶ月2630円です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
BLH-RH 誘導体

 子宮内膜症も子宮筋腫も女性ホルモン依存性であり、閉経すると自然治癒します。LH-RH 誘導体は卵巣からの女性ホルモン分泌を抑制するクスリであり、人工的に閉経した状態にする治療法です。点鼻薬と注射薬(リュープリン、ナサニール、スプレキュア、ゾラデックスなど)があります。子宮内膜症と子宮筋腫に適応があります。治療中は劇的に症状が改善されます。しかし欠点として高価であること、更年期障害と同様の副作用があること、連続しての治療期間は最長半年であること、使用をやめると再発することが多いなどがあり、当院では適応について充分に説明しております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
C手術
 
子宮内膜症では腹腔鏡下による手術が一般的になっています。確定診断に引き続き、癒着剥離や病巣部の焼却などが行われます。月経痛の軽減、不妊症の治療になります。またチョコレート嚢腫(子宮内膜症性卵巣嚢腫)は癌化する可能性があり手術による摘出術が適当と考えられています。特に40歳以上または大きさが4cm以上のときは癌化率が高いので手術が原則となります。
 子宮筋腫の手術適応や手術方法は年令、症状などにより個別対応が必要です。
 当院では手術適応と判断されたかたは高次医療機関へ責任をもってご紹介しております。

診療

Home

サイトマップ
直線上に配置

広島市 松尾産婦人科内科